アイクリームの使い方

アイクリームの使い方は、その使用頻度に依ります。

 

通常であれば、洗顔を行ったあとのすっぴん肌に塗るのが効果的になります。

 

これは、化粧品としてのクリームと言うより、スキンケアクリームとしての作用が一般的なので、アイクリームという素材は、ヘルシーな意味に近いものが正解です。

 

天然成分がよく染み込むように、洗顔後の肌にゆっくり塗布します。

 

そして、浸透成分がすりこまれるように、目の周囲を軽くマッサージします。

 

化粧品類の中やスキンケア素材の中にも、目の周囲には塗布しないようにと言うタイプがあります。

 

アイクリームは目の周囲専用のクリームという訳です。

 

その他、洗顔後でない場合は、朝起きてすぐであるとか、すっぴん肌を継続しているときに、一日に数回にわけて塗布することが良いでしょう。

 

塗布回数については、それぞれのアイクリームの注意書きを読んでください。

 

医薬品とは違う部類になります。そして、その使用頻度が多いからという事実より、塗るタイミングにポイントと重きをおいたほうが良いでしょう。

 

タイミングをしっかりとまもることにより、過度なアイクリームの塗布を避けることができます。

 

敏感用とはされていますが、過度な塗布も実質的な効果を妨げるケースがあります。